Wifiは何ができるか

そもそも昔は、ホームネットワーク内の機器は全て優先接続されていました。現代のように無線LAN規格があるわけではありませんでしたので、線がごちゃごちゃになって、どれがどれだか分からない、なんていうことも日常茶飯事でした。無線LAN製品が登場してからも、それには安定性や速度、といったいくつかの問題点がありました。しかも無線LANに対応する機器が少なかったこともあり、それは『必須』ではなく、無線LANは一つの『手段』に過ぎませんでした。もともと多く使われていた無線LANの規格は、『IEEE802.11b』が最も多く使われておりました。

しかし時代が進んでいくにつれ、『IEEE802.11a』や『IEEE802.11n』などの規格が用いられるようになり、ルータの性能も向上したため、速度や安定性の面で格段に進歩しました。現在では、有線接続の場合と比べても、ほぼ変わりない速度で通信が行えるまでになっています。私たちは、いわゆる『線』によるネットワークのしがらみから、解放されたのです。スマートフォンやタブレット機器など、無線LANに対応した端末が普及している現代だからこそ、その進歩は必然であった、と言えるでしょう。

しかし、この無線LAN、少しだけ問題点があります。どのような点でしょうか。