無線LANの特徴

現代では多くの通信機器が、『無線』状態で用いられるようになっています。これにより達成されたことは、単に私たちが線を使わなくても、インターネットが用いられるようになった、またはホームネットワーク内で自由にデータのやり取りができるようになった、という点だけではありません。それによって、『様々な情報活用のスタイル』が可能になったのです。空間や時間に囚われない、ということはそれだけで可能性がさらに広がります。単にインターネット経由で『情報を得る』ということだけでなく、それにより「情報を活用する機会」がさらに多く生まれたのです。どこでも情報を得られて、どこでも得た情報を好きなように活用できる、これはとても有意義なことと言えます。

しかしそもそも、現代では無線LANに接続しなくても、モバイル通信を契約しているモバイル機器はそれ単体で高速通信が行えるようになりました。いわゆる『2G』という通信規格を用いていた時代からは考えられないような、高速な通信が可能になりました。では、そのような高速モバイル回線がある中で、固定回線を所有し、無線LANを用いてインターネットを用いることに、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、それらの具体的な違いとは何でしょうか。

私たちが理解しているようでしていない、通信の仕組み、そもそもどうして私たちの持っている携帯機器はモバイル通信やWi-Fi通信が可能なのか、またどちらを用いるべきか、ということなどについて取り上げていきます。